○日高川町中津支所・美山支所等における公金の取り扱いに関する規程

平成18年1月1日

規程第1号

(趣旨)

第1条 次の施設において日高川町職員が行う収納事務について、適正かつ正確な処理を行うため、その取り扱いを規定する。

(1) 日高川町役場中津支所

(2) 日高川町役場美山支所

(3) 日高川町役場寒川出張所

(4) 寒川診療所

(5) 川上診療所

(出納員)

第2条 支所における現金の取り扱い及び保管の責任者として次の者に出納員を発令する。

中津支所 地域振興課長

美山支所 地域振興課長、寒川出張所職員、川上診療所長、寒川診療所長

(出納員の代理をする者)

第3条 出納員は、その責を果たすことが出来ない場合に備え、あらかじめ出納員を代理するものを指定し会計管理者に届け出なければならない。

(出納員の責務)

第4条 出納員は次の事項に留意し職務を執行しなければならない。

(1) 出納員は金庫を備え、所轄の一切の公金の安全かつ適切な保管に努めること。

(2) 出納員は公金の収納にあたり一定の場所を定めて、公金の安全かつ適切な収受を行うこと。

(3) 支所及び寒川出張所においては、指定金融機関との覚書に基づき処理するものとし、保管現金(収納金及び備え置き現金)は、指定金融機関の営業日毎、午前8時30分と午後5時15分以降に指定金融機関に確実に引渡を行い、執務時間外においては一切の現金を保管しないこと。

(4) 川上診療所及び寒川診療所においては、診療所長が指定金融機関の口座に入金する。

(公金の入金)

第5条 前条第3号並びに第4号における事務の取り扱いにあたっては、現金受渡簿(様式第1号)等により指定金融機関との現金受渡しを記録するとともに、適切な受渡し事務を行うこと。

(会計管理者への報告)

第6条 支所及び寒川出張所において出納員は、指定金融機関に入金処理を行う際に、公金入金票(様式第2号)を作成し、指定金融機関への納入通知書等を引き継ぐものとする。

2 診療所において出納員は、指定金融機関に入金処理を行う際に、一部負担金等納付済通知書を作成し、指定金融機関へ引き継ぐものとする。

3 出納員は第1項及び第2項における入金処理の記録を毎月会計管理者に報告しなければならない。

(収納印)

第7条 公金の収納にあたっては出納員一人につき1個の収納印を備え、出納員が管理するとともに、職員を指名して公金を取り扱わせ収納印を押させることができる。

(1) 中津支所収納印(地域振興課長)

(2) 美山支所収納印(地域振興課長)

(3) 寒川出張所収納印(寒川出張所職員)

(4) 寒川診療所収納印(寒川診療所長)

(5) 川上診療所収納印(川上診療所長)

附 則

この規程は、平成18年1月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日規程第2号)

この規程は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年4月1日規程第1号)

(施行期日)

1 この規程は、平成19年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この規程の施行の際、現に在職する収入役は、第1条、第3条、第5条及び第12条については、その任期中に限り、なお、従前の例により在職するものとする。

附 則(平成21年3月26日規程第1号)

この規程は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年6月30日規程第2号)

この規程は、平成22年7月1日から施行する。

附 則(平成25年10月1日規程第6号)

この規程は、平成25年10月1日から施行する。

画像

画像

日高川町中津支所・美山支所等における公金の取り扱いに関する規程

平成18年1月1日 規程第1号

(平成25年10月1日施行)

体系情報
第6編 務/第2章
沿革情報
平成18年1月1日 規程第1号
平成18年3月31日 規程第2号
平成19年4月1日 規程第1号
平成21年3月26日 規程第1号
平成22年6月30日 規程第2号
平成25年10月1日 規程第6号